ハンドルのない自動運転小型バスが福岡で走行!
試乗モニターを募集しています!


※FUKUOKA Smart EASTのステッカーはイメージです

様々な社会課題を解決し、持続可能で快適なまちづくりを目指すプロジェクト「Fukuoka Smart East」。これまでさまざまな分野で実証実験を行ってきており、今年もイノベーティブな企業と実証実験を進めていく予定です。
特に、公共交通における社会課題の鍵を握るモビリティ分野については、スマートシティの構想上、必要不可欠な検討課題です。今回は、自動運転で公共交通の課題解決を目指し、ハンドルのない自動運転小型バス「ナビヤ社製 アルマ(NAVYA  ARMA)」を使用した実証実験を実施します。

 

世界で最も走行実績のあるハンドルのない自動運転小型バス「NAVYA  ARMA」

近年、全国的な公共交通における社会課題として、バスのドライバー不足や廃止路線の増加、バス会社の経営難などが挙げられています。中でも、高齢者は自由に移動ができないことも多く、今後ますます問題化する社会課題です。だからこそ、イノベーティブな技術を活用した移動手段のニーズが高まってきています。

「Fukuoka Smart East」では、これらの社会課題の解決に向け、2019年11月にはコミュニティバスの実証実験を実施いたしました。今回は、世界で最も走行実績のある自動運転バス「NAVYA  ARMA」を使用した実証実験を行います。

「NAVYA  ARMA」は、GPSやセンサー等により走行位置座標の検出を行い、あらかじめ設定されたルートに沿って自動制御で走行します。今回の実証実験では、箱崎でのまちづくりを進めるうえで、どのような走行課題があるか、モビリティの安全性や機能性を検証するものです。

 

貝塚公園にて試乗会を実施。試乗モニターを募集しています!

今回、貝塚公園内では運転手同乗のもと試乗会を実施します。試乗モニターを先着順で募集していますので、ぜひ奮ってご応募ください。試乗会の概要は下記のとおりです。

▼試乗会  
〇実施期間: 令和3年3月27日(土)14:30~16:00
  令和3年3月28日(日)10:00~16:00 (12:00~13:00は運行休止)​​​
  ※荒天中止
〇実施場所: 貝塚公園内特設コース
〇走行距離: 約400m
〇走行時間 約5分
〇定 員 4名(運転手1名含む)
※実証実験の詳細はこちら
募集条件等をご確認のうえ、お申込み下さい。
※「NAVYA  ARMA」の運行管理者BOLDLY(ボードリー)株式会社の発表はこちら

また、下記の日程で車両の展示も行います。今回の貝塚公園にて撮影した試乗会の様子を車両横設置のモニターで放映いたします。なお、展示中の車両への乗車は可能です。試乗会へのご参加が難しい方は、ぜひ展示をご覧ください。

▼展示方法
〇実施期間:令和3年3月29日(月)、30日(火)
      9:00~17:00 ※荒天中止
〇実施場所:福岡市役所九州広場
〇実施内容:試乗会で撮影した走行映像や解説映像を車両横設置のモニターで放映。

 

安全で自由に移動できる社会へ

「Fukuoka Smart East」が目指す未来のまちづくりでは、さまざまな社会課題を解決しながら持続的に発展していく、未来に誇れるモデル都市を創造することを目標に掲げています。今後も箱崎エリアで様々な分野の実証実験を実施していく予定です。福岡をより快適に暮らしやすいまちへーー社会課題をイノベーションや最先端の技術力で解決する「新しいまちづくり」の実現に向けて、今後も挑戦を続けてまいります。