~日本で最大・最先端のスマートシティ開発に
ジョインできるチャンス~
そのヒントが「CES2022」にある!

 

CES

 

 日本で計画が進んでいるスマートシティ。その中でも特に注目されているのが、九州大学箱崎キャンパス跡地において、最先端のテクノロジーを積極的に導入し、持続的にまちの社会課題を解決するプロジェクト「Fukuoka Smart East」。これまで、自動運転バスや、ドローン、スマホを活用した外国人の災害時の避難支援サービスなどの実証実験を数多く実施してきた実績を持ち、大学跡地という広大で真っ白なキャンバスに未来を想像しながら、最先端テクノロジーをいち早く導入し、未来に誇れるモデル都市を目指すための検討を行ってきました。
 このまちづくりを成功させるには、世界中の多くの企業の技術やノウハウが不可欠であり、今後、この開発を進めるためのパートナーの募集が始まる見込みです。

Fukuoka Smart Eastのブースイメージ(CES2022)

※Fukuoka Smart Eastのブースイメージ(CES2022)

 このFukuoka Smart Eastで最新のプロダクトや生活の質を上げる画期的なサービスを実装することに関心があれば、是非私達のブースにお越しください。まちづくりの最新情報やこれまでの実証実験の取組み、まちの将来イメージがそこにはあります。さらに、まちづくりについて、日本のオフィスで勤務する担当スタッフと直接オンラインミーティングを行うことも可能です。
 それでは皆様、ラスベガスでお会いしましょう!

Fukuoka Smart Eastブース詳細
開催期間:2022年1月5日~8日 ※米国時間
会場:Las Vegas Convention Center(LVCC) North Hall
ブース番号:8937

CES公式サイト

 

※Fukuoka Smart Eastのブース(CES2020)

 

※Fukuoka Smart Eastについてのプレゼンの様子(CES2020)